Posts by 宇藤誠朗

クレーン下架作業

クレーン下架作業

Pocket吊下バンドがかけられたので、いよいよクレーンによる下架作業を開始しました。 上架中の架台に支えられていた部分が未塗装であったため、クレーンで「ブルーノア」号が吊るされている時点で塗装を行いました。 また、クレ...

クレーン下架作業準備

クレーン下架作業準備

Pocket6月7日、午前9時30分に鉄工所社長さんが来訪し、下架作業を行うクレーンの準備を行いました。 10:00より下架作業を開始。まずは、吊り下げ金具をクレーンのフックに引っ掛けます。 この金具をクレーンで「ブルー...

航海日誌 2015年6月6日

航海日誌 2015年6月6日

Pocket 08:30 船長、ヨット「風来坊」号オーナーさん、塗装業者さんが鉄工所に来訪、打ち合わせを開始しました。 08:55〜09:20 スクリュー部を「ペラクリン下塗り」塗料で塗装しました。 09:20〜09:5...

船底塗装8 塗装完了

船底塗装8 塗装完了

Pocket架台にかかっている部分以外の塗装がほぼ終了したため、14:00に塗装業者さんが退出されました。 架台にかかっている部分については、6月7日の下架作業時に行うことになり、その際に使用する塗料とハケは塗装業者さん...

船底塗装7 プロペラの本塗装

船底塗装7 プロペラの本塗装

Pocket13:10、午前中に塗装したプロペラ下塗り塗料が乾いたため、プロペラの本塗装を行いました。 塗装業者さんによると、プロペラ本塗装は塗料を薄く塗る場合は2回、厚く塗る場合は1回で行うとのことで、今回は厚塗り1回...

船底塗装6 業者さんによる胴体塗装

船底塗装6 業者さんによる胴体塗装

Pocket細かい穴の部分を小さいハケで塗り終えた後、11:00より塗装業者さんに胴体塗装を行っていただくこととしました。 業者さんは長年の腕と経験から、私たちが行った時よりも大変手際良くローラーで船底を塗装していました...

船底塗装5 舵の塗装

船底塗装5 舵の塗装

Pocket船尾の舵を塗装する前に、下塗りを行ったプロペラに船底塗料がかからないように布で覆いました。この理由は、プロペラの材質である真鍮の防錆塗料に、これから塗装するペンキの塗料がかかってしまうと逆にプロペラが錆びやす...

船底塗装4 キールの塗装

船底塗装4 キールの塗装

Pocket 塗装業者の方に塗料をキシレンで溶いていただき、ローラーとハケでいよいよ塗装開始です。 まず、最初にキールを船長とクルーとで塗装しました。 実は、塗装にはコツがあります。最初に塗料をある程度ローラーにつけたの...

船底塗装3 使用した塗料について

船底塗装3 使用した塗料について

Pocket今回、塗装業者の方が持参された塗料はこちらです。 これは、貝類が付着しにくく、また、航行中に貝類が剥落しやすいような組成(自己剥落性)となっている船底用の塗料です。 この船底用の塗料を、溶剤のキシレンで希釈し...

船底塗装2 マスキングテープ貼り

船底塗装2 マスキングテープ貼り

Pocket9:20から、船底塗装を行う前にマスキングテープを貼る作業を行いました。 船底塗装はローラーや刷毛、吹き付けなどで塗装を行いますが、塗装前にこのマスキングテープを貼ることで船底塗料のラインが上や下にずれること...