船底塗装4 キールの塗装

Pocket

IMG_7984

塗装業者の方に塗料をキシレンで溶いていただき、ローラーとハケでいよいよ塗装開始です。

まず、最初にキールを船長とクルーとで塗装しました。

IMG_7988

実は、塗装にはコツがあります。最初に塗料をある程度ローラーにつけたのち、短距離をジグザグにして塗っていき、最初に塗った部分の塗料をローラーで伸ばしていく、というやり方です。

IMG_8015

こういう感じで塗装していくと、均一にムラなく塗装できます。

逆に、上から下へと長くローラーを回して塗装すると塗りムラができたり塗料が下の方に垂れたりするので下の写真はあまり良くない例です。

IMG_8007

なお、キールの下のところの四角い箇所は、電食防止用の亜鉛板です。この亜鉛板に塗装してしまうと、塗料の材質との関係で却って別の箇所を錆びさせる原因となりますので塗料が垂れないように塗装する必要があります。

 

http://global.bluenoah.info/?p=141

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です