小型水素発電機 EFOY1600JP

Pocket

IMG_3914

この水素発電機で使用している燃料は90%メタノール水溶液で、強い揺れにも耐えられるように設計された専用カートリッジに入っています。

また、水素発電機は「セル」と呼ばれる部分でメタノール水溶液と空気とが直接化学反応することで発電します。
メーカーHPもあわせてご覧ください

この発電機の最大の特長は、港に給電設備がない環境で、雨の日や時化などにより航行中の高波による強い揺れが発生しても問題なく発電できる点です。

ブルーノア号は操舵の部分も電気で動いています。そのため、航行中いついかなる時でも操舵できるよう、小型水素発電機によって発電された電気は、操舵用に供給する鉛蓄電池へと充電されます。

また、この発電機は自動運転機能が搭載されており、鉛蓄電池の残量が少なくなってきた時に自動的に稼働/停止するようになっています。

性能は、直流12V、1,600Wh/日 となっています。

 

http://global.bluenoah.info/?p=87

 

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です