ウエットスーツについて

Pocket

フーカー潜水に限らず、水に潜る時は、水深や季節、海流によって水温が急に冷たくなる時があります。また、今回実施した船底掃除などの様に水中で作業する場合、船についた貝殻の破片が皮膚を傷つけ、怪我をする事態を避ける必要があります。

そこで、ウエットスーツ、海パン、手袋、帽子を着用します。

IMG_7929

IMG_6666

また、足ヒレがあると水中での方向転換や作業でとても楽になります。
IMG_2852

 

ウエットスーツは体にぴったりあうものを購入します。メーカーによってはサイズ基準が日本人体型のものと外国人体型のものとがありますので購入時に確認しましょう。

また、ウエットスーツの服地厚さは3mmと5mmがあります。厚い方が防寒に適しておりますがその分高くなります。潜る海域、季節、予算などに応じて考慮しましょう。

最近ではオンラインでも安く買えるようになりました。不安なので現物を確認したいという方はマリンスポーツ店や、アウトドア店に行って試着することもお勧めします。

なお、潜ったあとは海水の塩分のほか、海中のプランクトンや虫、貝殻などが付着している場合がありますので必ず潜水服は洗っておきましょう。

 

http://global.bluenoah.info/?p=49

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です